自主勉強会

弊所(プレケア行政書士事務所)の名前の由来 プレとは、事前にを意味します。 ケアとは、注意すること。用心すること。配慮することを意味します。

あなたも一緒にプレケア行政書士事務所で現代社会をサバイブする法教育の自主勉強会に参加しませんか?

 

中高生のお子さんをお持ちの親御さんへ

選挙権の年齢が18歳に引き下げられたのは記憶に新しいところです。

今日、我が国では18歳で選挙権が認められ、国政に参加できるわけですね。

しかし、一方で、20歳未満は未成年者として扱われ、原則として単独で有効な法律行為ができません。

法で保護されているわけですが、考えてみれば妙なことでもあります。

国政レベルに参加できる選挙権を有しながら、単独ではクルマを買うこともできないというわけです。

憲法改正へ向けた政府の先走りがあったかどうかはさておき、これに辻褄を合せるには、成人年齢も引き下げなければなりません。 

2018年3月、政府は成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案を閣議決定しました。今後、立法を経て成人年齢が18歳になることは不可避でしょう。

ここで問題となり得るのは、18歳がした法行為は有効となり、親権者が取消権を行使できなくなることです。

迂闊な行動がとんでもない結末を招くことも想像に難しくありません。

ですから、私は中高生への法教育を強く勧めています。

そうはいっても、現実問題としてはなかなか難しい部分もあると思います。

そこで、弊所では自主勉強会を開催し、お子様方に直接法教育をするためのお手伝いをしております。

自主勉強会はセミナー等とは違い、全員参加型のものです。