生活の安全に関する悩みごとがあるとき

1.生活の安全に関する悩みごとがあるときは?

~警察の相談窓口につながる全国共通の電話番号「#9110」番

普段の生活において事件や事故の発生には至っていなくとも、治安に関する不安や生活における心配ごとがあれば警察の相談窓口まで気軽にお尋ねくださ い。警察では警察総合相談室(都道府県警察本部)や警察総合相談窓口(各都道府県の警察署)を開設し、皆さんからの生活の安全に関する様々な相談を幅広く 受けています。

警察への相談は、最寄りの警察署にある相談窓口に直接出向かなくても、電話で相談する方法もあります。

この場合は、警察相談専用電話#9110をご利用ください。地域を管轄する各都道府県の警察総合相談室などの相談窓口に直接つながる全国共通の電話番号です。

・警察相談専用電話 #9110
受付時間:平日 午前8:30~午後5:15(各都道府県警察本部で異なる)
※土日・祝日及び時間外は、24時間受付体制の一部の県警を除き、当直または音声案内で対応
※通話料は利用者負担

全国どこからでも、電話をかけた地域を管轄する都道府県警察本部の警察総合相談室などにつながります(携帯電話も利用可)。
ただし、ダイヤル回線や一部のIP電話からはご利用できませんので、別ウインドウで開きますこちらに掲載されているお住まいの都道府県にある警察総合相談電話番号をご利用ください。

「110番」とはどう違うの?

「110番」は、今すぐ警察官に駆け付けてもらいたいような緊急の事件・事故などを受け付ける緊急通報用電話です。年間の「110番」通報受理件数は900万件を超えており、約3.4秒に1回の割合(平成27年)になっています。

しかし、その中には「免許の更新」や「有料サイトからの料金督促」といった緊急の対応を必要としないような各種照会や相談などの用件が、全体の5分の1(平成27年は21.6%)を占めています。

このような用件で110番を利用すると、本来緊急を要する事件・事故への警察の対応を遅らせることにつながり、結果として生命や身体の保護などに支 障を生じさせるおそれがあります。そのため急ぎではない警察への照会・相談などは、警察相談専用電話「#9110」を利用してください。

 

詳しくはこちら

 

 

 

kuwasikuha