正当防衛と緊急避難

 

(正当防衛)

第三十六条 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
2 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。
 

解説

  • 急迫とは、法益侵害の危険が切迫していることを言う。
  • 不正とは、違法であること。
  • やむを得ずしたとは、防衛行為が必要性(必要な限度でああること)と相当性を具備していることを言う。

 

対物防衛

対物防衛の考え方

人間の行為のほか、動物その他のものによる侵害も不正の侵害に当たるとしてこれが正当防衛として認められるか。

人が動物をけしかけて、すなわち利用して行う場合は、正当防衛は可能である。

 

正当防衛の論点

偶然防衛 自ら招いた侵害に対する正当防衛。

こちら側の挑発行為がすでに攻撃となり、挑発を受ける者の攻撃がそれに対する防衛行為として行われた場合、それ自体正当防衛を構成する場合には、挑発者の防衛が正当な侵害に対する攻撃であって正当化はされない。

 

盗犯防止法と正当防衛との関係

特別法第1条第1項

過剰防衛による形の減免の根拠

 
 
 

(緊急避難)

第三十七条 自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。ただし、その程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。
2 前項の規定は、業務上特別の義務がある者には、適用しない。

解説

緊急避難とは、生命、身体、自由又は財産に対する、現在の危難を避けるためやむを得ずした行為であって、他にその害悪を避ける方法がこれなく、またその行為から生じた害悪が行為によって、目前の行為の害悪を超えないことを言う。

 

論点

現在の危難とは=現在性= 急迫性

すなわち危険が目前に接近することです。

やむを得ずした行為とは、その危険を避けるために唯一の方法であること。

他にとるべき手段がなかったことが必要です。

(補充性の原則)

 
 
 

正当防衛と緊急避難の違い。

  • 正当防衛 : はあくまでも正しいものと不正との対立関係であり、不正の侵害を対象にしていること。必要性および相当性を満たせば足りるとしています。
  • 緊急避難 : 基本的に正しいものと正しいものとの対立関係である。何ら限定せずに危難を想定していること。必要性、相当性だけではなく、補充性の原則 法益バランスの原則を満たす必要がある。

 

問題点

防衛行為と第三者

 
 
 
 

(故意)

第三十八条 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
2 重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。
3 法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。