東京都迷惑防止条例 改正

東京都迷惑防止条例  改正

  • □ ①盗撮行為の規制場所を拡大すること。

    改正前規制場所
    →公共の場所を、乗り物など道路、駅、電車

    改正後追加された規制場所→
    上記に加えて一例として、
    住居、ホテル客室、学校、タクシー、カラオケボックスの個室

    □ ②つきまとい行為等の規制強化
    ◎正当な理由がなく、
        もっぱら悪意の感情で行われる行為が規制の対象となります。

    ※表現の自由で保護されるような、市民運動や取材活動などの、規制を対象とする条例ではないことに留意。

    改正前の規制行為
    →つきまとい、乱暴な言動、連続電話、汚物の送付

    追加された規制行為→
    上記に加えて、

  • 住居付近をうろつくこと。
  • 監視していると告げること。
  • 拒否されてもメール(SNS)を送信すること。
  • 名誉害する事項を告げること。
  • 性的羞恥心を害する事項をつけること。